リフトアップに効果的な家庭用ラジオ波美顔器の選び方!落とし穴からおすすめ機種まで

ほうれい線、ゴルゴラインとマリオネットラインができたら、救ってくれる家庭用美顔器は、真皮層まで届くラジオ波が出番だと思って下さい。

私がラジオ波美顔器を買ったのは32歳の時。

それまで、ヤーマン/フォトPLUSクラリソニックで満足していましたが、NEWAリフトは新世界を見せてくれました。

使い始めて5日で口元のほうれい線が目立たなくなり、一週間後、NEWAを使った後テレビを見ていたら、旦那に「何で夜に化粧したの?」と聞かれました。

いつも髪を切っても気づかない鈍感なうちの旦那が、NEWAの効果に気づいたのです。

証拠写真です↓NEWAリフトはリフトアップだけでなく、毛穴を小さくする美肌効果もあるのが分かりますか?

テレビでIKKOさんも使っているだけのことはあります。

NEWAは本体が6万円、その後も専用ジェルが必要なのでお財布に痛いですが、高級化粧品よりは効果がいいです。

NEWAの原理は、真皮層まで届くラジオ波

NEWAは、「肌の引き締め、リフトアップ」に特化した美顔器です。ラジオ波で、コラーゲンを作る真皮層を38℃まで温め、コラーゲンの生成を促します。

「高熱の時に、肌がきれいになった」という経験がある方なら、NEWAの良さを体感できるでしょう。

今現在、「真皮層まで届くラジオ波」の美顔器は、NEWAとトライポーラくらいです。他の「ラジオ波美顔器」とは、加藤あいと阿藤快くらいの差があります。

なぜなら、99%のラジオ波美顔器は、角質層までしか到達しません。

例えばヤーマン/フォトPLUSの公式サイトを見てください。ほら、「角質層までじんわり」とあるでしょ。もう30の私は、もっと深くまで温めてほしい!

エステナードリフティの公式サイトもほら、角質層までしか絵にしていません。そこまでしか届かないからです↓

これらの美顔器は、消費者を騙そうとしているわけではなく、「肌を温めるためのラジオ波」で、コラーゲン生成のためではないからです。

より効果的にNEWAを使う方法

私はNEWAを使った後、いつも間髪入れずにヤーマン/フォトPLUSのEMS機能を使っています。

「筋トレ前にストレッチで筋肉を温めると、筋トレの効果がよりいい」とよく言われますよね。顔の筋肉も、まずラジオ波で温めた後、EMSで筋トレすると、よりリフトアップするのでは?と思ったのです。

予想通り、NEWAの後にヤーマンのEMSを使うと、電流で口が勝手に動くほど筋肉がよく動きます。しかし、ヤーマン単体でそれは見られませんでした。

なので、NEWAリフトヤーマン/フォトPLUSの併用をおすすめします。

購入先は、私が見つけた中では、NEWA公式サイトが一番お買い得です。

NEWAリフト公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です